メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・HOTEL夢のひととき

東京プリンスホテル/上 世界に飛躍、決意込め 64年の五輪直前に誕生 /東京

 オリンピック観光客のためのホテルが東京都内に、また一つできあがった。“東京プリンスホテル”で、28日朝からはなやかな完成披露パーティーが開かれた。

 前回の東京五輪開幕まで1カ月少しに迫った、1964年8月28日。毎日新聞夕刊は、社会面でそう報じた。緑豊かな芝公園と東京タワーに隣接する、部屋数510の白亜の大型ホテル。記事は、パーティーには田中角栄蔵相、河上丈太郎社会党委員長、作家の志賀直哉、芸術家の岡本太郎ら各界の大物が訪れ、横綱の柏戸と栃ノ海が奉納土俵入りを行い花を添えた、と伝える。

 当時、高級ホテルは庶民が気軽に足を運ぶ場所ではなかった。9月1日の開業日、ホテルを一目見ようと多くの人が集まったが、玄関付近を行ったり来たりするだけで、中に入ろうとしない。「『どうぞお入りください』と声をかけると、『えっ、いいの』とうれしそうに入ってくれました」。現在もナイトマネジャーとして勤務する、当時ドアマンだった村田精利さん(72)は、懐かしそうに振り返る。

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文864文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 新しい地図、斎藤洋介さん追悼 香取「スマスマのコントでは一緒に笑い、沢山助けて頂きました」

  2. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです