メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長岡市

表町東地区再開発、基本構想 「米百俵」教育・産業に力点 大型ビル3棟、図書館・産業振興拠点など /新潟

 長岡市は、大手通りを中心に進める一連の市街地再開発で最大規模の「大手通表町東地区市街地再開発事業」について、基本構想をまとめた。百貨店「旧大和長岡店」跡を中心とした大手通り北側1・7ヘクタールに、図書館や産業振興拠点、商業施設などが入る大型ビルを3棟整備。「米百俵」の精神を受け継いで、教育や産業に力点を置いた再開発とする。総事業費は約200億円で、2024年度の完成を目指す。【金沢衛】

 初代長岡藩主・牧野忠成が長岡城主になってから来年400年を迎えることを機に「長岡開府400年記念事…

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文830文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 渓流釣り中 クマ襲撃、空手高段者 目つぶしで撃退 群馬

  3. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

  4. ネカフェ生活6年の男性に重い2% また路上生活か…とかすむ夢

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです