メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

物は語る

原爆資料館寄贈資料から 制服きれいなまま 10日後父発見 作業中の妹、今も不明 姉「思い出話したい」 /広島

父の秀一さんが見つけた石崎睦子さんの制服。名札や校章がきれいに残っていた=広島市中区の原爆資料館で、山田尚弘撮影

 1945年8月5日、日曜日の空は晴れていた。県立広島第一高等女学校(県女、現皆実高)1年4組の石崎睦子さん(当時12歳)は、同級生2人と舟入川口町(現中区)の自宅で勉強をした後、住吉川で遠泳の練習をしていた。睦子さんが書いた日記が原爆資料館東館に展示されている。

 「午後 小西さんと泳ぎに行った。私はちっともよう泳がないのに、皆んなよく浮くなと思ふとなさけなかった。今日は大へんよい日でした。これからも一日一善と言ふことをまもらうと思う」(原文ママ)

 一つ年上の姉、植田〓子(のりこ)さん(85)=東区=とは学校が同じだったこともあり、仲が良かった。…

この記事は有料記事です。

残り896文字(全文1172文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. 維新の大阪・松原市議 本会議欠席して妻と沖縄旅行 体調不良を理由に

  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  4. 台風通過後、「陸の孤島」となった成田空港に響く歌声 足止めのスロバキア合唱団

  5. 松井・大阪市長「汚染処理水の受け入れ」可能性に言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです