メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

米「パリ協定離脱」

田村堅太郎氏

 地球温暖化に歯止めをかけるための国際ルール「パリ協定」は骨抜きになってしまうのか--。トランプ米大統領が1日、国内外の反対を押し切り、選挙公約通り協定離脱を表明した。国際協調路線に背を向け、「自国第一主義」街道を突っ走る米政権。現実となった米国の「退場宣言」をどう受け止めたらいいのだろうか。

「脱炭素」の潮流は揺るがず 田村堅太郎・地球環境戦略研究機関上席研究員

 トランプ米大統領のパリ協定離脱表明の演説には事実に基づかない説明や、根拠の弱い現状認識が多く見受けられた。

 まず、最大の離脱理由に挙げた国内雇用についてトランプ氏は状況を正確に把握していない。確かに、米国が…

この記事は有料記事です。

残り4256文字(全文4542文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 京アニ火災 「聲の形」「氷菓」岐阜県内の聖地でも悲しみ広がる
  5. 京アニ放火 確保の男「小説盗んだから放火」 一方的な恨みか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです