特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

米大統領選

露介入疑惑に不快感 プーチン氏「口論の暇ない」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 【サンクトペテルブルク杉尾直哉】ロシアのプーチン大統領は2日、露北西部サンクトペテルブルクで開かれた国際経済フォーラムで演説し、「テロや紛争などの国際問題の解決で世界は力を合わせなければならない。口論や地政学的なゲームをしている暇はない」と述べた。米国で「ロシアゲート」問題が過熱し、米露関係の改善の兆しが見られないことを念頭に置いた発言だ。

 引き続き行われたパネル討論では、昨年の米大統領選へのロシアの介入疑惑問題が話題になり、プーチン氏は「まったくのウソでばかばかしい話」と改めて否定。さらに「(米露関係の悪化は)国際的な安全保障問題、テロとの戦い、国際経済にも影響を与える。(ウソによるロシアへの攻撃を)即刻やめなければならない」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文510文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集