メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幼児教育無償化

「骨太」財源どこに 「こども保険」有力、年内結論

 骨太の方針の素案には、安倍晋三政権が重視する幼児教育・保育の早期無償化が盛り込まれた。だが、財源を巡る議論は難航も予想される。一方、財政健全化については新指標が盛り込まれた。経済成長を重視する安倍首相の意向が反映されたとみられ、財政再建への道筋は不透明さを増している。

 「成長と分配の好循環を加速させるには、人材への投資がカギとなる」。安倍首相は2日の経済財政諮問会議で、幼児教育・保育の無償化など教育分野に手厚く予算配分する考えを強調した。

 幼児教育・保育の無償化には年7000億円以上が必要とされる。財源については年内に結論を出す方針で▽財政の効率化▽税▽新たな社会保険--の3案が示された。

この記事は有料記事です。

残り1030文字(全文1330文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです