メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん対策

厚労省、計画案には「受動喫煙ゼロ」 閣議決定は不透明

 厚生労働省のがん対策推進協議会(門田守人会長)は2日、今後6年間のがん対策推進基本計画案をとりまとめた。たばこ対策のうち受動喫煙については、東京五輪・パラリンピックのある2020年までに「飲食店でゼロ」などとする新目標を計画案に盛り込む方針で一致した。しかし今国会で健康増進法の改正が見送られ、閣議決定する計画に新目標が盛り込まれるかは不透明だ。

 この日の協議会では、たばこ対策を集中的に検討。受動喫煙対策について、現行計画では「行政機関と医療機…

この記事は有料記事です。

残り1061文字(全文1286文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中東 動物兵器、うごめく
  2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  4. 自民党・石破茂さんインタビュー 「冷や飯」の味を語る
  5. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです