国連特別報告者

「重大な脅威」 報道へ政府が圧力

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
デービッド・ケイ氏
デービッド・ケイ氏

 国連の表現の自由に関する特別報告者であるデービッド・ケイ米カリフォルニア大教授(国際人権法)が2日、東京都内で記者会見した。対日調査結果について「メディアの独立性が重大な脅威にさらされている」と述べ、日本の報道関係者が政府から直接・間接的な圧力にさらされているとの認識を示した。

 ケイ氏は昨年4月、政府の招待で訪日し、政府高官、報道関係者、研究者らと面談して日本の表現の自由の状況を…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

あわせて読みたい

注目の特集