メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
米パリ協定離脱

環境保護局長官「技術革新で削減に貢献」

プルイット氏「国家として謝罪すべきことはない」と反論

 【ワシントン高本耕太】トランプ米政権が地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」からの離脱を表明したことについて、政権内で離脱派の中心人物とされる環境保護局(EPA)のプルイット長官が2日、ホワイトハウスで記者会見した。国際社会から批判が出ていることに対して、米国は技術革新を通じて温室効果ガスの排出削減に貢献していると説明し、「国家として、謝罪すべきことは何一つ…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  4. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  5. 勝敗は細部にあり 好走塁光る仙台育英、6歩のリードに見る須江監督の教え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです