米パリ協定離脱

環境保護局長官「技術革新で削減に貢献」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

プルイット氏「国家として謝罪すべきことはない」と反論

 【ワシントン高本耕太】トランプ米政権が地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」からの離脱を表明したことについて、政権内で離脱派の中心人物とされる環境保護局(EPA)のプルイット長官が2日、ホワイトハウスで記者会見した。国際社会から批判が出ていることに対して、米国は技術革新を通じて温室効果ガスの排出削減に貢献していると説明し、「国家として、謝罪すべきことは何一つ…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

あわせて読みたい

注目の特集