メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米パリ協定離脱

環境保護局長官「技術革新で削減に貢献」

プルイット氏「国家として謝罪すべきことはない」と反論

 【ワシントン高本耕太】トランプ米政権が地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」からの離脱を表明したことについて、政権内で離脱派の中心人物とされる環境保護局(EPA)のプルイット長官が2日、ホワイトハウスで記者会見した。国際社会から批判が出ていることに対して、米国は技術革新を通じて温室効果ガスの排出削減に貢献していると説明し、「国家として、謝罪すべきことは何一つ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 特集ワイド ヘイト本作った理由、依頼を何でも受けた 読み手見え、自責の念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです