メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎原爆

平和宣言素案「核保有国含む全ての国が参加を」

2016年の長崎原爆の日に開かれた平和祈念式典=長崎市の平和公園で2016年8月9日午前11時23分、矢頭智剛撮影

6月の核兵器禁止条約交渉会議で成立見通しの条約に

 長崎原爆の日(8月9日)の平和祈念式典で長崎市長が読み上げる平和宣言の第2回起草委員会が3日、同市であり、市は宣言の素案を示した。6月中旬に再開される核兵器禁止条約交渉会議で成立する見通しの条約に、核保有国を含む全ての国が参加するよう求めている。安倍晋三首相が2020年施行を目指すとしている憲法改正については踏み込んだ言及はしていない。

 5月の第1回会合では委員から、▽核兵器禁止条約会議に核保有国や唯一の戦争被爆国・日本が参加していない状況▽憲法改正▽北朝鮮を巡る情勢--などについて言及するよう求める意見が出ていた。

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 会見後に予定入れたのは「打ち切り」のため? 原稿棒読みの場面も多く 菅首相

  5. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです