メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地震

地底3キロ 震源を直接この目で 

震源を調べるためドリルが設置された南アフリカのモアプ・コツォン金鉱山=ペニー・リーベンベルクさん撮影(小笠原教授提供)

東北大など国際PT 南アの金鉱山で掘削調査を開始

 地震の震源を世界で初めて直接観察しようと、立命館大や東北大、米スタンフォード大など9カ国の大学や研究機関による国際プロジェクトチームが、南アフリカの金鉱山の地下3キロ付近から震源まで掘削する調査を始めた。周辺で起きた地震の震源が800メートル以内にあると予測され、2年計画で実施する。地震発生のメカニズム解明につながるか期待される。

 南ア北部のモアプ・コツォン金鉱山では約120年前に採掘が始まり、地下約3キロまで鉱脈が掘り進められ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです