メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地震

地底3キロ 震源を直接この目で 

震源を調べるためドリルが設置された南アフリカのモアプ・コツォン金鉱山=ペニー・リーベンベルクさん撮影(小笠原教授提供)

 地震の震源を世界で初めて直接観察しようと、立命館大や東北大、米スタンフォード大など9カ国の大学や研究機関による国際プロジェクトチームが、南アフリカの金鉱山の地下3キロ付近から震源まで掘削する調査を始めた。周辺で起きた地震の震源が800メートル以内にあると予測され、2年計画で実施する。地震発生のメカニズム解明につながるか期待される。

 南ア北部のモアプ・コツォン金鉱山では約120年前に採掘が始まり、地下約3キロまで鉱脈が掘り進められている。多くの空洞ができた影響で岩盤がひずみ、マグニチュード(M)2前後の地震が日常的に発生している。

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文841文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  2. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  3. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  4. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

  5. 全国で新たに622人確認 3カ月ぶり600人超え 緊急事態解除後、最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです