メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

退位法案

参院で7日審議入り

衆院本会議での天皇陛下の退位を実現する特例法案の採決で賛成のため起立する議員たち=国会内で2017年6月2日午後1時5分、川田雅浩撮影

 天皇陛下の退位を実現する特例法案は2日の衆院本会議で賛成多数で可決、参院に送付された。参院では特別委員会で7日に審議し、9日にも成立する見通しだ。陛下の退位が実現すれば天皇が終身在位制となった明治以降、初めてとなる。

 採決は起立方式で行われ、自民、民進、公明、共産、日本維新の会、社民の各党が賛成。自由党は棄権した。自民党の斎藤健副農相や、民進党の枝野幸男前幹事長、阿部知子氏が棄権した。無所属の亀井静香元金…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文514文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです