米パリ協定離脱

「失望と怒り」山本環境相

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「やっとここまで来たという人類の英知に背を向けた」。トランプ米大統領が「パリ協定」離脱を表明した約5時間後の2日午前、定例の記者会見に臨んだ山本公一環境相は、トランプ氏を強い調子で非難した。山本環境相は、地球温暖化対策として初の国際的な枠組みである「京都議定書」を1997年に採択した時の環境政務次官(現・副環境相)。足かけ20年、気候変動の国際交渉を見てきた経験を念頭に「失望に加えて、怒りも覚える」と、表情は険…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文521文字)

あわせて読みたい

注目の特集