がん対策

計画案には「受動喫煙ゼロ」 厚労省

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
がん対策基本計画のたばこ対策の変遷
がん対策基本計画のたばこ対策の変遷

 厚生労働省のがん対策推進協議会(門田守人会長)は2日、今後6年間のがん対策推進基本計画案をとりまとめた。たばこ対策のうち受動喫煙については、東京五輪・パラリンピックのある2020年までに「飲食店でゼロ」などとする新目標を計画案に盛り込む方針で一致した。しかし今国会で健康増進法の改正が見送られ、閣議決定する計画に新目標が盛り込まれるかは不透明だ。

この記事は有料記事です。

残り919文字(全文1093文字)

あわせて読みたい

ニュース特集