メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
はだかの学校

開校 お湯につかって授業 台東・日の出湯 /東京

 台東区元浅草の銭湯「日の出湯」が月に一度、常連客や地元の人らを講師に招き、お客さんにお湯につかりながら授業を聞いてもらうイベント「はだかの学校」を開き、好評だ。銭湯を後世に残そうと奔走する4代目の田村祐一さん(36)らが発案した。裸のつきあいで、文字通りホットなコミュニティー・スペースを目指す。【篠崎真理子】

 先月27日の土曜日。東京メトロ銀座線・稲荷町駅に近い下町の日の出湯に、営業の始まる前の昼過ぎ、童謡…

この記事は有料記事です。

残り793文字(全文999文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

  5. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです