メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はだかの学校

開校 お湯につかって授業 台東・日の出湯 /東京

 台東区元浅草の銭湯「日の出湯」が月に一度、常連客や地元の人らを講師に招き、お客さんにお湯につかりながら授業を聞いてもらうイベント「はだかの学校」を開き、好評だ。銭湯を後世に残そうと奔走する4代目の田村祐一さん(36)らが発案した。裸のつきあいで、文字通りホットなコミュニティー・スペースを目指す。【篠崎真理子】

 先月27日の土曜日。東京メトロ銀座線・稲荷町駅に近い下町の日の出湯に、営業の始まる前の昼過ぎ、童謡「めだかの学校」の替え歌の「校歌」が流れて授業が始まった。この日のテーマは「囲碁」。囲碁教室などを開いている「IGOホールディングス」社長の井桁健太さん(26)が講師を務めた。男湯は、講師も客たちもみんな裸で大盛り上がりだ。米国人の会社員、アーノルド・ドナルドさん(30)は「裸ならではの打ち解けた雰…

この記事は有料記事です。

残り643文字(全文999文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  2. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. 岩手県立病院の女性臨時職員がマスク無断で持ち出しフリマアプリで転売 二戸

  5. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです