メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者のひとりごと

シャッター街になっては… /東京

 「お茶飲みパン工房 すずぱん」は多摩川沿いの青梅市長淵の住宅街の一角にある。

 あるじの鈴木真由美さん(44)は昨年9月、子育てが一段落したのを機に起業した。子どもらと一緒に考えた店名には「お客さんと気軽に会話を楽しめる空間にしたい」という思いを込めた。

 営業は火、木曜の週2日だが、4月に空き店舗の目立つJR青梅駅周辺で毎月第3日曜に開いている青空市「おう…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです