メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アマゾンマナティー

「じゅんと」 来園49年目で初命名 熱川バナナワニ園 /静岡

エサを食べるアマゾンマナティーの「じゅんと」=東伊豆町の熱川バナナワニ園で

 東伊豆町奈良本の動植物園「熱川バナナワニ園」は、国内で唯一飼育している絶滅危惧種の水生哺乳類・アマゾンマナティーの名前を「じゅんと」に決めたと発表した。1969年4月にアメリカから園に来て以来、49年目の初命名となった。

 園によると、推定54歳の雄で、体長2・3メートル、体重300キロ。大きな体とつぶらな瞳を持ち、水槽をのんびり浮き沈みする様子…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文435文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. 埼玉県も休業要請へ 慎重姿勢転換 大野知事「首都圏一体で対応」

  4. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  5. 緊急事態 警察「宣言出ていますよ」呼びかけ止まり 外出だけで職質はできず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです