演劇

人の心は権力では動かせない 「最後の葉隠武士」学ぶ 斎藤用之助の足跡を上演 佐賀市・若楠小 /佐賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
用之助がヒージャー汁のうまさに驚くシーンを演じる谷口さん(左) 
用之助がヒージャー汁のうまさに驚くシーンを演じる谷口さん(左) 

沖縄に46年、区長や郡長歴任

 明治時代に沖縄県に赴任し、那覇区長や島尻郡長などを歴任した佐賀市出身の斎藤用之助(1859~1933年)の足跡を伝える演劇「最後の葉隠武士」が3日、同市若宮3の若楠小(高添末広校長)で披露された。5、6年生計125人が沖縄の近代化や災害が相次いだ県最北端の火山島・硫黄鳥島から久米島への住民移住を成し遂げた斎藤の功績を学んだ。【松尾雅也】

 「第11代斎藤用之助顕彰会」と演劇を通して郷土の偉人を紹介する「佐賀の八賢人おもてなし隊」が協力。昨年末に完成した作品を市内の小学校で初めて上演した。

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文772文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集