メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

ブラザー工業 長男と四男、力合わせて

1932年に開発に成功した国産の家庭用ミシン=ブラザー工業提供

 ミシンや複合機などの製造を手がけるブラザー工業。実は社名が「シスター工業」になっていた可能性もあった。

 同社のルーツは、名古屋市で安井兼吉氏が外国製ミシンの修理業を始めた1908年にさかのぼる。その後、兼吉氏の長男、正義氏が家業を引き継ぎ、四男の実一(じついち)氏とともに「安井ミシン兄弟商会」を運営。「ミシンを国産化し、輸出産業にする」という大志を抱いた。

 正義氏が主に経営を、実一氏が技術開発を担い、28年に麦わら帽子製造用ミシンの販売を開始。32年には…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです