メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

川本三郎・評 『東京の編集者 山高登さんに話を聞く』=山高登・著

 (夏葉社・2484円)

小さな宝石のような美しい本

 大正十五年東京生まれ、今年九十一歳になる山高登さんは、懐かしい昭和の東京を描く木版画家として知られる。木の質感の暖かさで、失なわれた東京の風景が静かに、優しくとらえられる。その作品が好きで何点か部屋に飾っている。

 山高さんはもともと新潮社の文芸編集者だった。昭和二十二年から五十三年まで約三十年にわたって文芸書を作り続けた。

 本書は、その編集者時代を振り返った回想記。聞き書きの形式で戦後から、昭和の後期までまだ少部数の文芸…

この記事は有料記事です。

残り1098文字(全文1336文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  2. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  3. 阪神大震災25年 父を失った。でも出会った人がいる 尼崎市の小島汀さん、竹灯籠に「結婚したで」

  4. ナイキの「厚底シューズ」禁止 世界陸連が新規則 英メディア報道

  5. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです