メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小型機墜落

4人搭乗、2人意識不明 富山・立山の山中

 3日午後3時ごろ、富山県立山町芦峅(あしくら)寺の北アルプス・立山連峰の山中で、男性から「4人が搭乗した小型飛行機が墜落した」と110番通報があった。県警などによると、21~57歳の男性4人がいずれも負傷し、うち機長ら2人が意識不明の状態になっているとみられる。小型機は訓練飛行中で、富山空港から長野県の松本空港に向かっていた。県警のヘリや山岳警備隊員が捜索したが、墜落現場を発見できなかった。4日午前4時半に再開する方針。【古川宗、道岡美波、日向梓、向畑泰司】

 県警上市署によると、4人は搭乗者名簿から、いずれも長野県内に住む木下孝雄さん(57)=松本市▽小口英児さん(48)=岡谷市▽河西勝基さん(21)=下諏訪町▽樋口和樹さん(22)=富士見町--とみられる。機長は木下さんで、通報したのは河西さんとみられ、「セスナ機が墜落した。足が挟まって動けない。けが人は4人。前の2人は意識がない。後ろの2人は意識がある」との内容だった。その後は連絡が取れなくなった…

この記事は有料記事です。

残り1012文字(全文1444文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビー元日本代表、湯原祐希さん死去 36歳 トレーニング中倒れ

  2. 香取慎吾さん、民放連続ドラマ主演 SMAP解散後初 SNS「指殺人」巡る刑事もの

  3. 岸田氏、古賀氏と決別決意? 派閥パーティー招待せず 総裁選対応に不満

  4. 東証、システム障害で全銘柄の取引停止

  5. 「サカキバラとは違う。必要に迫られて」 座間事件9人殺害・白石被告一問一答(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです