特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

長崎原爆の日

平和宣言素案「改憲懸念、強く表明を」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 8月9日の「長崎原爆の日」の平和祈念式典で長崎市長が読み上げる平和宣言の第2回起草委員会が3日、同市の長崎原爆資料館で開かれた。市が示した宣言の素案は、核保有国を含む全ての国に対し、核兵器禁止条約に参加するよう求めた。

 核兵器禁止条約制定に向けた交渉会議は今月中旬から国連本部で再開され、7月7日までの期間中に条約は採択される見込みだ。素案では条約を被爆者の長年の願いとして評価。その上で、北朝鮮による…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文506文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集