メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界卓球

13歳張本、史上最年少で8強入り

張本智和

 【デュッセルドルフ(ドイツ)田原和宏】卓球の世界選手権個人戦は第6日の3日、男子シングルス4回戦で、張本智和(エリートアカデミー)がリュボミール・ピシュテイ(スロバキア)を4-1で降した。国際卓球連盟(ITTF)によれば、シングルスで13歳の8強入りは史上最年少。

 フォアハンドのミスが目立つなど本調子ではなかった。張本も「水谷さんの試合が100%ならば、50~60%」という状態だったが、技術力でははるかに張本が勝っていた。むしろ、問われたのは心の強さだった。

 国際大会の洗礼を浴びた。相手のピシュテイは世界ランキング156位。張本が69位と上だからこそ、あらゆる手を使って揺さぶりに掛かった。変則的なサーブを使ったり、必要以上に間合いを取ったりと策を講じてきた。2ゲームを先取して迎えた第3ゲームには、レシーブで声を出す張本の癖に注文を付けた。第4ゲームには反則気味のサーブも繰り出した。だが、ベンチに入った倉嶋洋介監督は「これもいい経験」とあえて見守った。

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文632文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  4. ORICON NEWS 和田アキ子、志村けんさん追悼「本当に残念」 飲み屋での思い出も回顧[コメント全文]

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです