メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

13歳張本、史上最年少で8強入り

張本智和

 【デュッセルドルフ(ドイツ)田原和宏】卓球の世界選手権個人戦は第6日の3日、男子シングルス4回戦で、張本智和(エリートアカデミー)がリュボミール・ピシュテイ(スロバキア)を4-1で降した。国際卓球連盟(ITTF)によれば、シングルスで13歳の8強入りは史上最年少。

    技術力で圧倒

     フォアハンドのミスが目立つなど本調子ではなかった。張本も「水谷さんの試合が100%ならば、50~60%」という状態だったが、技術力でははるかに張本が勝っていた。むしろ、問われたのは心の強さだった。

     国際大会の洗礼を浴びた。相手のピシュテイは世界ランキング156位。張本が69位と上だからこそ、あらゆる手を使って揺さぶりに掛かった。変則的なサーブを使ったり、必要以上に間合いを取ったりと策を講じてきた。2ゲームを先取して迎えた第3ゲームには、レシーブで声を出す張本の癖に注文を付けた。第4ゲームには反則気味のサーブも繰り出した。だが、ベンチに入った倉嶋洋介監督は「これもいい経験」とあえて見守った。

     張本は相手のさまざまな仕掛けに「ふざけるな」と思ったというが、踏みとどまった。好調なサーブがあり、レシーブでもチキータと呼ばれる攻撃的なバックハンドレシーブで主導権を握れる。いつも通り戦えば負けることはない。「冷静になって最後までやれたのは成長」と振り返る。

     史上最年少での8強入りだが、「水谷さんに勝って入らないわけにはいかない」。13歳にして、心技体が整いつつある。【田原和宏】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 都労委 アリさんマーク「引越社」に不当労働行為認定
    2. 愛媛大 別の教員もセクハラ行為か 学生が苦情
    3. 強制性交等致傷容疑 無くした財布届けに…大阪市職員逮捕
    4. 夏の高校野球 花咲徳栄が優勝 埼玉県勢として初
    5. 昭恵氏付 谷氏人事異動は「通常」 それとも「不自然」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]