メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界卓球

平野美宇は銅 女王・丁寧に敗れる

女子シングルス準決勝で敗れた平野美宇=2017年6月3日、AP

 【デュッセルドルフ(ドイツ)田原和宏】卓球の世界選手権個人戦は第6日の3日、女子シングルス準決勝があり、アジア選手権覇者の平野美宇(エリートアカデミー)が、リオデジャネイロ五輪女王の丁寧(中国)に1-4で敗れた。3位決定戦がないため、平野は銅メダルを獲得。この種目での日本勢のメダル獲得は小和田敏子が「金」、浜田美穂が「銅」を獲得した1969年大会以来。

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  2. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  3. 75歳以上の医療費負担 2割に引き上げ 政府検討

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 名古屋市営地下鉄に初の駅ナカ 伏見駅「ヨリマチFUSHIMI」オープン

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです