メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

盆栽、新しい風 「波平の趣味」からインテリアにも 自由な見せ方、若者つかむ

盆栽の手入れをする山田香織さん=さいたま市北区盆栽町の清香園で、丸山博撮影

 盆栽といえば、サザエさんのお父さんの波平さん。剪定(せんてい)ばさみで松をパチン、パチンとやっている姿が思い浮かぶ。おじいちゃんの高尚な趣味とみられがちだが、近ごろは外国人や若者から注目されている。芥川賞作家で芸人の又吉直樹さんもハマっている、その魅力とは--。【小松やしほ】

 まずは、世界初の公立盆栽美術館として2010年に開館した大宮盆栽美術館(さいたま市)を訪ねた。「波平さんという印象は変わってきていると思います」。そう話すのは同美術館主幹の渋谷仁さん。

 さいたまスーパーアリーナ(同市)をメイン会場に4月下旬に開かれた世界盆栽大会には、4日間で予想の2…

この記事は有料記事です。

残り1836文字(全文2118文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです