メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

東山彰良さん 青春の悲しい奈落 新刊『僕が殺した人と僕を殺した人』

東山彰良さん

 格差社会の闇を描く『路傍』(2008年)、台湾を舞台にした青春小説『流』(15年)、SFで語る救世主誕生神話『罪の終わり』(16年)など次々と多彩な世界を見せてくれる作家、東山彰良さんの新刊が刊行された。『僕が殺した人と僕を殺した人』(文芸春秋)は、これまた思いもよらない地平が広がる長編小説である。

 2015年、少年ばかり7人を殺し、「サックマン」と呼ばれる男がアメリカ・デトロイトで逮捕された。彼…

この記事は有料記事です。

残り910文字(全文1111文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  4. 交番襲撃 包丁刺さったまま身よじらせ 近隣住民「早く捕まって」
  5. 「奪われにくい新型ホルスター」未配備だった 容疑者、拳銃の取り扱いに精通か 交番襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです