メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリ

野生の報告、今月にも100羽 ひなが29羽 05年から放鳥取り組み

巣塔から飛び立つコウノトリ=兵庫県豊岡市祥雲寺で2017年5月24日、幾島健太郎撮影

 国内各地の野外に生息するコウノトリ(国の特別天然記念物)が、まもなく100羽に達する。兵庫県北部の豊岡盆地だけで今年29羽のひなが確認されており、順調に巣立てば6月中にも大台に乗る見通しとなった。野生復帰に取り組んできた兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園(兵庫県豊岡市)の飼育員らは「数十年にわたる取り組みがようやくここまで来た」と感慨を深くしている。【柴崎達矢】

 国内の野生コウノトリは1971年に絶滅。明治時代の乱獲や、戦時中に燃料などのため巣作りに適した松の…

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文937文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです