忍者トレイルランニングレース

山道駆け抜けろ 11月3、4日 参加者募集 伊賀 /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 忍者の里・伊賀市の四つの山を走る「忍者トレイルランニングレース」(実行委主催)が11月3、4日、同市上阿波の「大山田温泉さるびの」を発着点に開かれる。実行委は「山道を駆けるランナーは現代の忍者ともいえる。忍者になりきって楽しんで」と参加を呼び掛けている。

 昨年は45キロコースで初開催し、138人が完走。今年は距離、部門を増やし、ロング(48キロ)250人▽駅伝(同)3人編成20組▽ショート(18キロ)250人▽ファミリー・キッズ(3キロ)50人--の4部門で募集する。

 4日のロングと駅伝は、市北部の西教山(682メートル)、霊山(765メートル)、旗山(649メートル)、油日岳(693メートル)を東海自然歩道や林道などで結ぶ累積標高2600メートルのコース。なだらかな西教山と霊山に対し、旗山と油日岳はアップダウンが続く険しい道だが、伊賀盆地や琵琶湖などの好展望が楽しめる。

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文627文字)

あわせて読みたい

注目の特集