メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ランキングで奈良学

県民の起床時間 「町の早起き」今は昔 /奈良

夜明けの薬師寺=奈良市西の京町で2009年3月、西村剛撮影

 今回のランキングは奈良県民の「起床時間」です。

 「鹿政談」という落語をご存知でしょうか。その中にこんなくだりがあります。

 江戸時代の奈良では、神のお使いである鹿殺しは大罪。朝、自宅の前で死んでいる鹿が見つかったら大変です。鹿の死体を慌てて自宅の前から移動させなければなりません。まだ眠っている家の前にこっそり持っていきます。それを見つけた人はまだ就寝中の他家の前へ。早朝から鹿の死体の押し付け合いです。だから奈良の人たちは自然と早起きになったとか。

 そんな落語の中で奈良の名物として挙げられているのが「大仏に、鹿の巻き筆、あられ酒、春日灯篭、町の早…

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文1011文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  2. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 天気 東京、今年は「木枯らし1号」ない冬に 39年ぶり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです