メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

考・皇室

社会を映す/10止 「国民統合」幅広く 「故郷ない」日系人 交流を通じ支持

 日本人のブラジル移住100周年にあたる2008年の4月7日、天皇、皇后両陛下は、日系ブラジル人が多く住む群馬県太田市と大泉町を訪問された。在日ブラジル人を支援するNPO法人理事長で、日系1世の高野祥子さん(71)と、次女で翻訳家の西本真理香さん(49)=ともに大泉町=は、沿道から両陛下が乗った車に向かい、日伯(ブラジル)両国の旗を振った。

 その約半世紀前、小学生だった高野さんは、父に連れられ、何度か新年の一般参賀に行った。皇居正門(二重…

この記事は有料記事です。

残り2215文字(全文2436文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  2. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
  5. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]