メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

落語家・三遊亭円歌さん=4月23日死去・85歳

芸も楽屋も本領発揮 三遊亭円歌(さんゆうてい・えんか)さん=結腸がんによる腸閉塞(へいそく)のため、4月23日死去・85歳

 著書「ただいま授業中」(1967年)と、聞き書き「三遊亭圓歌ひとり語り 全部ウソ。」(2014年)とは粋な題だが、自伝なのに違いが多い。

 長く演じた「中沢家の人々」は、自身と2度の結婚相手の親6人が同居という、介護時代の「創作」。自慢の腕時計の値段は、楽屋話の間に100万円単位で上がっていく。戦災で戸籍が焼けたからと、生年が昭和4(1929)年だか7年だか本人にもわからない。

 東京・向島の幼馴染(なじ)み、アナウンサーの小川宏の吃音(きつおん)を真似(まね)して自分もそうな…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文743文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです