メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょう世界環境デー

エネルギーを「自産自消」

住宅だけでなく公園や街路などエリア内の至るところにソーラーパネルが設置されている

 神奈川県藤沢市のパナソニック工場跡地で「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン(SST)」の建設が進んでいる。市と民間企業による官民一体のプロジェクトで、すべての戸建て住宅に太陽光発電と蓄電池が装備されるなど「エネルギーの自産自消」を掲げている。

 屋上のソーラーパネルが初夏の日差しを浴びてきらきらと光る。JR東海道線の藤沢-辻堂駅間の沿線南側にあるSST。東京ドーム4個分(約19ヘクタール)の敷地のほぼ中央に円形の公園があり、その周りに建ち並ぶ家々はもとより、集会所などの共有施設や公共用地にもソーラーパネルが取りつけられていた。

 戸建ては住宅デベロッパー2社の建て売りで、三井不動産レジデンシャルの住宅は太陽光発電とエネファーム…

この記事は有料記事です。

残り812文字(全文1134文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  5. 京アニ寄付、義援金として被害者・遺族へ配分 寄付の税制優遇も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです