メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょう世界環境デー

エネルギーを「自産自消」

住宅だけでなく公園や街路などエリア内の至るところにソーラーパネルが設置されている

 神奈川県藤沢市のパナソニック工場跡地で「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン(SST)」の建設が進んでいる。市と民間企業による官民一体のプロジェクトで、すべての戸建て住宅に太陽光発電と蓄電池が装備されるなど「エネルギーの自産自消」を掲げている。

 屋上のソーラーパネルが初夏の日差しを浴びてきらきらと光る。JR東海道線の藤沢-辻堂駅間の沿線南側にあるSST。東京ドーム4個分(約19ヘクタール)の敷地のほぼ中央に円形の公園があり、その周りに建ち並ぶ家々はもとより、集会所などの共有施設や公共用地にもソーラーパネルが取りつけられていた。

 戸建ては住宅デベロッパー2社の建て売りで、三井不動産レジデンシャルの住宅は太陽光発電とエネファーム(東京ガスの燃料電池)を組み合わせた「ダブル発電」。パナホームは「ダブル発電」か、太陽光発電とエコキュート(ヒートポンプ給湯機)による「オール電化」のいずれかを選択できる。各家庭にはITネットワークにつながったホーム・エネルギー・マネジメント・システム(HEMS)が導入され、電気やガス、水道の使用量…

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文1134文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京メトロ東西線の線路上に支障物 一時全線運行見合わせ 飯田橋駅付近

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 「富士山ビュー特急」運転席でふれあい 富士急イベントに親子連れが参加 山梨

  4. ヘイトスピーチ反対運動続けた崔江以子さんらに人権賞 罰則条例制定に貢献 東京弁護士会

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです