メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

扇風機・エアコン、火災注意

 暑さが本格化するこれからの季節、扇風機やエアコンは必需品だ。しかし、使い方によって思わぬ火災を起こす恐れがある。製品の安全を調べる製品評価技術基盤機構(NITE)は、6~8月にかけて扇風機とエアコンが原因の火災が急増するとして、注意を呼び掛けている。

 ●長期使用で断線

 新潟県内の高校で2015年8月、教室に設置されていた扇風機から出火し、周辺を焼くぼやがあった。職員が火災の前、扇風機が動いていないことを目で確認していたが、実際はスイッチが「強」に入っていたという。扇風機は約45年前から使用されていた。内部の配線が一部断線し、発火したとみられる。

 NITEのまとめでは、こうした扇風機が原因の火災は、11~15年度の5年間に90件報告され、5人が…

この記事は有料記事です。

残り821文字(全文1147文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです