メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「かくれんぼしよ」。迷路の中でお父さんから隠れる倖吏生ちゃん

 見渡す限りの黄色、その花たちを包み込むように澄み渡る青空。風にのって蜜のほんのり甘い香りが広がる。背の高い菜の花の中から、絶えず笑い声が響いていた。福島県南相馬市、萱浜で捜索や地域再生のため活動を続けてきた「福興浜団」が主催する菜の花迷路には、お年寄りから小さな子どもたちまで例年にも増して多くの人々が訪れた。

 初めて南相馬を訪れたのは2012年、すでに震災から1年以上がたっていた。「福興浜団」の代表、上野敬幸(たかゆき)さん(44)を訪ねるためだった。道路に乗り上げたままの車や瓦礫(がれき)。人の気配が消えた街は、時の流れがせき止められたかのように沈黙していた。

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 一転して医療崩壊の危機 集団免疫獲得とも取り上げられた都市で「第2波」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです