メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「かくれんぼしよ」。迷路の中でお父さんから隠れる倖吏生ちゃん

 見渡す限りの黄色、その花たちを包み込むように澄み渡る青空。風にのって蜜のほんのり甘い香りが広がる。背の高い菜の花の中から、絶えず笑い声が響いていた。福島県南相馬市、萱浜で捜索や地域再生のため活動を続けてきた「福興浜団」が主催する菜の花迷路には、お年寄りから小さな子どもたちまで例年にも増して多くの人々が訪れた。

 初めて南相馬を訪れたのは2012年、すでに震災から1年以上がたっていた。「福興浜団」の代表、上野敬…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文637文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです