メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天体

小惑星に「岡垣町」と命名 アマチュア天文家が発見

国際天文学連合が公表した小惑星「岡垣町」の回報を手にする宮内実生町長(右)と平井名誉教授=2017年6月1日、籔田尚之

 福岡県遠賀郡岡垣町は、火星と木星の軌道間に存在する小惑星のひとつが、「岡垣町」と命名されたと発表した。

 札幌市在住のアマチュア天文家、渡辺和郎さん(62)が1993年4月に発見し、「15316番」として登録されていた。小惑星は発見者に命名権がある。天文学者の平井正則・福岡教育大名誉教授から、観望会を開くなど町の取り組みを聞いた渡辺さんが、「岡垣町」の名で、国際天文学連合(IAU)に命名を申請し、4月に認定された。直径は約6キロと推定され、太陽の周囲を約3.5年かけて1…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文593文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鬼滅の刃 シリーズ累計4000万部突破 10カ月で11倍 勢い止まらず

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 新型肺炎 日本国内のホテルもキャンセル相次ぐ 長期化懸念の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです