メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英テロ

ラマダン直前から世界各地でテロ頻発 各国警戒

 【カイロ篠田航一】イスラム教のラマダン(断食月)期間中に合わせたとみられる過激派のテロが、中東などイスラム教徒が多い地域に限らず、世界各地で相次いでいる。

 過激派組織「イスラム国」(IS)は5月下旬以降、動画投稿サイト「ユーチューブ」などで「異教徒や不信心者」に対する「全面戦争だ。IS領土(イラクやシリア)に渡れない者はラマダン中に自らの地域で攻撃せよ」と呼びかけている。過激派などがこれに呼応し、実行に移している可能性もある。

 ラマダンはイスラム暦9番目の月にあたり、預言者ムハンマドが聖典コーランの啓示を受けた神聖な月とされ…

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文742文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 事件後に25万円引き出される 奈良・橿原男性焼死 アパート住民と連絡取れず

  4. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  5. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです