メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自転車

双子乗せても安定 母親支える三輪車製品化へ

双子自転車に試乗する親子と、伴走する中原美智子さん(右)=東京都立川市で2017年6月4日、岡礼子撮影

 双子を連れて安全に移動するための三輪自転車の開発が進んでいる。自身も双子男児の母親で、子育ての経験を生かして企画した中原美智子さん(45)が4日、東京都立川市を訪れ、製品化直前の試作モデルを使った公開試乗会が開催された。東京、埼玉、神奈川の1都2県から、27組の双子家庭が参加して乗り心地を試した。

 中原さんが考案したのは、後部に子供用シートが二つついた三輪の自転車。ハンドルの横幅が、後ろ二輪の幅と同じで、車幅は一般の二輪自転車とほとんど変わらないが、安定性は高い。

 この日の試乗会は、双子を含む4児の父親で、若者の就業支援を手がけるNPO法人「育て上げネット」(立川市)理事長の工藤啓さん(40)らが呼びかけ、同市近隣に住む双子家庭が集まった。工藤さんは「二輪自転車の前後に子供を乗せると、ハンドルがぐらぐらする。買い物も難しい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1184文字(全文1556文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  2. 大阪市、ハトなどへの餌やり規制へ 10年前から一部住民が続け、ふん害発生

  3. 宝塚歌劇、雪組でも1人がコロナに感染 大阪で17日開幕の公演出演者

  4. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  5. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです