メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

軟式公認球、67年ぶり「大改革」 よく飛ぶ 小中生の体格よくなり、重く大きく

時代の変化に合わせて大幅に刷新された7代目のボールを持つ宗像専務理事=全日本軟式野球連盟で、長田舞子撮影

 軟式野球のボールが来年から13年ぶりに変わる。これまで3種類あった日本国内の公認球を2種類に統合。現在よりもバウンドを抑え、飛距離が出るように改良した。表面を覆うハート形の模様も特徴だ。全日本軟式野球連盟は「歴史を塗り替える革新的な魔法のボール」と胸を張る。その秘密とは--。【長田舞子】

 軟式野球の公認球が誕生したのは1938年にさかのぼる。菊の花びらのようなデザインが表面に施されたことから「菊型」と呼ばれた。51年には縫い目を入れ、現在とほぼ同じ形になった。その後も模様は変更され、現在は2005年の意匠で6代目になる。今回は大きさ、重さ、模様とも変更するので、連盟は51年以来67年ぶりの大改革と位置付ける。

 その概要は、従来の一般向け「A号」と、中学生向け「B号」を統一し、新たに「M(メジャー)号」とする…

この記事は有料記事です。

残り945文字(全文1304文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Tポイント詐取容疑で逮捕 キャンペーンを悪用 9300万円相当を不正取得か 埼玉県警

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  4. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  5. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです