メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

軟式公認球、67年ぶり「大改革」 よく飛ぶ 小中生の体格よくなり、重く大きく

時代の変化に合わせて大幅に刷新された7代目のボールを持つ宗像専務理事=全日本軟式野球連盟で、長田舞子撮影

 軟式野球のボールが来年から13年ぶりに変わる。これまで3種類あった日本国内の公認球を2種類に統合。現在よりもバウンドを抑え、飛距離が出るように改良した。表面を覆うハート形の模様も特徴だ。全日本軟式野球連盟は「歴史を塗り替える革新的な魔法のボール」と胸を張る。その秘密とは--。【長田舞子】

 軟式野球の公認球が誕生したのは1938年にさかのぼる。菊の花びらのようなデザインが表面に施されたことから「菊型」と呼ばれた。51年には縫い目を入れ、現在とほぼ同じ形になった。その後も模様は変更され、現在は2005年の意匠で6代目になる。今回は大きさ、重さ、模様とも変更するので、連盟は51年以来67年ぶりの大改革と位置付ける。

 その概要は、従来の一般向け「A号」と、中学生向け「B号」を統一し、新たに「M(メジャー)号」とする…

この記事は有料記事です。

残り945文字(全文1304文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  2. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  3. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  4. 地域ブランド調査 やっぱり函館が一番魅力的 北海道「都道府県」では10連覇
  5. 寝屋川中1殺害 被告、核心語らず 検察側「難しい裁判」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです