メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

渡辺淳一文学賞

贈賞式 美しい世界、読者共鳴

 第2回渡辺淳一文学賞(集英社など主催)の贈賞式が東京都内のホテルであった。恋愛小説『マチネの終わりに』(毎日新聞出版)で受賞した作家の平野啓一郎さんは「正直に言って今の世の中にうんざりしており、せめて読んでいる間くらいは美しい世界に浸れる小説を書きたかった。多くの読者と共鳴したようでホッとしている」と喜びを語った。選考委員の一人の作家、宮本輝さんは「硬質かつ高尚で、非常に大きな器に盛られた作品だ」とたたえた。

 同作は、天才的なクラシックギタリストの男性と知的なジャーナリストの女性が育む愛とそのすれ違いを、繊…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文526文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  2. 空自のF2戦闘機がレーダーから消える 山口県沖、搭乗の2人は見つかる
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  5. ふるさと納税でアマゾンギフト券100億円 泉佐野市が総務省に対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです