メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

講演

介護小説の舞台裏、林真理子さん

 本紙に連載した小説『我らがパラダイス』(毎日新聞出版)の単行本刊行を記念して、林真理子さんの講演会「小説を書く時間」(毎日新聞社、小田急電鉄共催)が相模原市のホテルで開かれた。

 同作は、102歳になる自身の母の介護をきっかけに生まれた。山梨の施設に入居し、林さんは週1回程度通う。一時体調が悪化した後に弟が介護離職した。「早期退職制度を使い2年は給与の支払いがあったけれど、今4年目です。介護は計画が立てられないもの」と明かす。「介護小説はたくさんあるが、つらくて重たいものばかり。だったら最後は笑っちゃうような、はちゃめちゃな介護小説を…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文677文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. 緊急事態 愛知知事が対象追加を要請 10日午後、県独自で宣言

  5. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです