メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

講演

介護小説の舞台裏、林真理子さん

 本紙に連載した小説『我らがパラダイス』(毎日新聞出版)の単行本刊行を記念して、林真理子さんの講演会「小説を書く時間」(毎日新聞社、小田急電鉄共催)が相模原市のホテルで開かれた。

 同作は、102歳になる自身の母の介護をきっかけに生まれた。山梨の施設に入居し、林さんは週1回程度通う。一時体調が悪化した後に弟が介護離職した。「早期退職制度を使い2年は給与の支払いがあったけれど、今4年目です。介護は計画が立てられないもの」と明かす。「介護小説はたくさんあるが、つらくて重たいものばかり。だったら最後は笑っちゃうような、はちゃめちゃな介護小説を…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文677文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 「そう感じさせたのは自分がだめ」 吉本社長、圧力発言事実上認める
  4. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」
  5. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです