メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヘイトスピーチ

デモが居場所、暴言エスカレート 元「突撃隊長」後悔 ネットうのみ「間違っていた」

 ヘイトスピーチ対策法が施行されて3日で1年がたった。在日コリアンらを標的に差別をあおるヘイトスピーチデモに参加、かつては「突撃隊長」と呼ばれた男性会社員(38)が毎日新聞の取材に応じ「(自分は)間違っていた」と深い後悔の念を示した。【後藤由耶】

 きっかけは2011年、東日本大震災だった。東京電力福島第1原発事故に伴う計画停電の影響で、勤務先の業務に支障が生じ、3日間帰宅できなかった。そんな中、ネットで見つけた「反原発は左翼勢力と在日コリアンが結託して行っている」という書き込みを信じ、反原発運動に疑念を抱いた。

 原発再稼働を訴えるデモに参加、ヘイトスピーチを繰り返してきた団体を知った。その言動を調べると共感す…

この記事は有料記事です。

残り1202文字(全文1510文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです