1人ご飯

鏡は特別調味料 自分の姿でも食欲アップ 名大研究グループ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 1人で食事をする際、鏡に映った自分の姿を見ながら食べた方がおいしく感じられる、という研究結果を名古屋大学大学院の研究グループが発表した。情報学研究科の中田龍三郎研究員(認知科学)と川合伸幸准教授(同)らのグループで、米科学誌に掲載された。

 実験では、65~74歳の高齢者と20~23歳の大学生それぞれ16人が、1人の小部屋で、自分の前に鏡を置いた場合とない場合とで、塩味とキャラメル味のポップコーンを1分30秒ずつ食べ比べた。

 おいしさを点数化してもらったところ、高齢者と大学生のいずれも、塩味とキャラメル味の両方で鏡の前で食べた方が点数が高かった。食べた量も、年齢や味に関わらず、鏡の前の方が約5~13%多かった。

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文571文字)

あわせて読みたい

注目の特集