メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・母校をたずねる

千葉県立安房高校/1 あふれる「楽しい思い出」 高山一実さん /東京

 ◆「乃木坂46」メンバー・高山一実さん

2011年度卒

 「母校を訪ねる」6月からは、千葉県南部の館山市にある同県立安房(あわ)高校編をお届けする。1901(明治34)年に安房中学校として授業を開始した伝統校で、校訓は「質実剛健・文武両道」だ。1回目は、アイドルグループ「乃木坂46」の中心メンバーとして活躍する高山一実さん(23)=2011年度卒。「楽しかったことしか思い出せない」と話す。【北川仁士】

 幼稚園から中学校まで、クラスはほぼ一つ。だからみんな知り合いでした。高校でバラバラになっても、通学の電車が1時間に1本しかないのでみんな一緒でした。同じメンバーが同じ車両に集まり、話をしながら通っていました。安房高校ではいきなり8クラスになり、最初は怖かった。嫌われないよう気を使いましたが、結果的に女子の友達がたくさんできました。

この記事は有料記事です。

残り1929文字(全文2297文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです