メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・母校をたずねる

千葉県立安房高校/1 あふれる「楽しい思い出」 高山一実さん /東京

 ◆「乃木坂46」メンバー・高山一実さん

2011年度卒

 「母校を訪ねる」6月からは、千葉県南部の館山市にある同県立安房(あわ)高校編をお届けする。1901(明治34)年に安房中学校として授業を開始した伝統校で、校訓は「質実剛健・文武両道」だ。1回目は、アイドルグループ「乃木坂46」の中心メンバーとして活躍する高山一実さん(23)=2011年度卒。「楽しかったことしか思い出せない」と話す。【北川仁士】

 幼稚園から中学校まで、クラスはほぼ一つ。だからみんな知り合いでした。高校でバラバラになっても、通学の電車が1時間に1本しかないのでみんな一緒でした。同じメンバーが同じ車両に集まり、話をしながら通っていました。安房高校ではいきなり8クラスになり、最初は怖かった。嫌われないよう気を使いましたが、結果的に女子の友達がたくさんできました。

この記事は有料記事です。

残り1929文字(全文2297文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 幻の「逆転2ラン」が招いたボーンヘッド 東邦ガスの好調打線が悔やんだミスとは 都市対抗

  3. 手話で受け付け 病院予約を代行 藤岡市、ビデオ通話 /群馬

  4. 菅首相の声だけ流れる「グループインタビュー」はなぜ行われたのか

  5. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです