外来魚

電気ショックで駆除 県、特殊なボート使い 鳥取・多鯰ケ池 /鳥取

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ボート前後のワイヤから電流を流し、感電したブラックバスなどの外来魚を捕獲する社員=鳥取市福部町湯山の多鯰ケ池で、園部仁史撮影
ボート前後のワイヤから電流を流し、感電したブラックバスなどの外来魚を捕獲する社員=鳥取市福部町湯山の多鯰ケ池で、園部仁史撮影

 県は5日、鳥取市福部町湯山の多鯰ケ池で電流を流せる特殊な船「電気ショッカーボート」を使い、外来魚を駆除した。6日と合わせ、約1000匹を捕獲するという。

 県緑豊かな自然課によると、多鯰ケ池では1980年ごろからブラックバスやブルーギルなどが繁殖。同じ頃から、環境省のレッドリストで絶滅危惧1A類に指定されているコイ科の「ミ…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文407文字)

あわせて読みたい

注目の特集