メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説を読み解く

安倍首相の9条加憲発言=論説副委員長・人羅格

参院予算委員会で憲法9条改正と2020年の施行を目指す考えを表明したことについて質問に答える安倍晋三首相=国会内で2017年5月9日、川田雅浩撮影

狙いと手法めぐり割れた評価 毎日・首相の政略を懸念/朝日・提起自体を批判/読売・全面的に賛同

 今年、施行から70年の節目を迎えた憲法をめぐる議論が新たな局面に入っている。

 憲法記念日の5月3日、安倍晋三首相(自民党総裁)は戦争放棄を定めた9条に自衛隊の存在を加えるなどの改憲案を示し、東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年の施行を目指す考えを打ち出した。

 首相が、具体的な項目と期限を明示したのは初めてだ。これに対する各紙社説の論調は大きく分かれている。

この記事は有料記事です。

残り2174文字(全文2404文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. KYB 「建物、震度7にも大丈夫」 データ改ざんで検証
  4. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  5. バイク6人死亡 大型二輪免許なし 道交法違反容疑も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです