ロンドンテロ

婚約者の腕の中で息をひきとる 犠牲のカナダ人女性

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ロンドン八田浩輔】ロンドン中心部で3日夜に発生したテロ事件の犠牲者には外国出身者も含まれていた。歩道を暴走するワゴン車にはねられたカナダ人女性、クリスティン・アーチボルドさん(30)は、カナダから共に移り住んで結婚を誓った最愛の人の腕の中で息絶えた。カナダ放送協会(CBC)などが伝えた。

 7人の犠牲者のうち最初に身元が確認されたアーチボルドさんは、婚約者のタイラー・ファーガソンさんと共に昨年オランダに転居し、週末を利用してロンドンを訪れていたという。

 2人でロンドン橋を歩いていたところにテロリストが運転する白いワゴン車が猛スピードで突っ込んだ。ファーガソンさんの親族はCBCに「心肺蘇生など手を尽くしたが、彼の腕の中で息をひきとったようだ」と述べた。「二人は熱烈に愛し合っていた。将来についてもたくさんの計画があったのに」

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文591文字)

あわせて読みたい

注目の特集