出光興産

創業家「役員案反対」 昭和シェルと合併拒否、総会で表明へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 石油元売り大手の出光興産と昭和シェル石油の合併に出光の創業家が反対している問題で、創業家の代理人弁護士が5日記者会見し、29日に予定される出光の株主総会で月岡隆社長ら取締役候補12人中5人の選任議案に反対する考えを表明した。創業家が合併への反対を表明した昨年に続き、出光の株主総会で経営陣と創業家が対立する見通しだ。

 創業家が取締役選任に反対するのは月岡社長の他、関大輔副社長、丹生谷晋取締役、本間潔執行役員(新任取締役)、社外取締役候補の橘川武郎氏(東京理科大教授)。記者会見した鶴間洋平弁護士は創業家の意に反する合併を進めていることや「海外事業の失敗」を理由に挙げた。他の株主にも賛同を呼びかけるという。創業家側は財団なども含め出光株の33・92%を保有しているとしている。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文645文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集