メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

青少年読書感想文全国コンクール応募要項

[PR]

 第63回青少年読書感想文全国コンクールの応募要項概要と課題図書は次の通りです。

 <応募資格>小・中・高校生。ただし、1997年4月2日以降生まれの者<応募規定>原稿用紙に縦書きで自筆。小学1・2年生は本文800字以内、3~6年生は同1200字以内、中高生は同2000字以内。未発表のもので1人課題読書・自由読書1編ずつ2編まで<作品提出>学校を通して提出。作品は返却しない。入賞・入選作品の著作権は主催者に譲渡される<審査>都道府県ごとの地方審査と中央審査<締め切り>都道府県ごとに設定<入賞発表>2018年2月上旬の毎日新聞、毎日小学生新聞、学校図書館、学校図書館速報版に掲載。公式サイトはhttp://www.dokusyokansoubun.jp

 <課題図書>◆小学校低学年(1・2年) 「ばあばは、だいじょうぶ」楠章子・作、いしいつとむ・絵(童心社)▽「なにがあってもずっといっしょ」くさのたき・作、つじむらあゆこ・絵(金の星社)▽「アランの歯はでっかいぞこわーいぞ」ジャーヴィス・作、青山南・訳(BL出版)▽「すばこ」キム・ファン・文、イ・スンウォン・絵(ほるぷ出版)◆同中学年(3・4年) 「くろねこのどん」岡野かおる子・作、上路ナオ子・絵(理論社)▽「空にむかってともだち宣言」茂木ちあき・作、ゆーちみえこ・絵(国土社)▽「耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ」ナンシー・チャーニン・文、ジェズ・ツヤ・絵、斉藤洋・訳(光村教育図書)▽「干したから…」森枝卓士・写真・文(フレーベル館)◆同高学年(5・6年) 「チキン!」いとうみく・作、こがしわかおり・絵(文研出版)▽「ぼくたちのリアル」戸森しるこ・著、佐藤真紀子・絵(講談社)▽「霧のなかの白い犬」アン・ブース・著、杉田七重・訳、橋賢亀・絵(あかね書房)▽「転んでも、大丈夫:ぼくが義足を作る理由」臼井二美男・著(ポプラ社)◆中学校 「円周率の謎を追う:江戸の天才数学者・関孝和の挑戦」鳴海風・作、伊野孝行・画(くもん出版)▽「ホイッパーウィル川の伝説」キャシー・アッペルト、アリスン・マギー・著、吉井知代子・訳(あすなろ書房)▽「月はぼくらの宇宙港」佐伯和人・作(新日本出版社)◆高等学校 「フラダン」古内一絵・作(小峰書店)▽「ストロベリーライフ」荻原浩・著(毎日新聞出版)▽「犬が来る病院:命に向き合う子どもたちが教えてくれたこと」大塚敦子・著(KADOKAWA)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. コロナで休業、補償なし ヤマハ英語教室講師の1200人 給与所得者を個人事業主扱い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです