メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニホンライチョウ

卵は受精卵 富山で人工繁殖

富山市ファミリーパークで繁殖に取り組むニホンライチョウの雄=富山市ファミリーパーク提供

 環境省と富山市ファミリーパーク(富山市)は5日、国の特別天然記念物で絶滅の危機にあるニホンライチョウの人工繁殖事業で産まれた3個の卵が受精卵だと発表した。

 順調に育てば、今月17日ごろふ化する見込みで、成功すれば人工繁殖の卵のふ化としては、1998年の大町山岳博物館(長野県大町市)以来、19年ぶり…

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文369文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  2. 恵方巻きの廃棄削減を 農水省、節分を前に各社に要請

  3. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  4. ライフスタイル ゴミ分別が徹底された結果、ゴミが街に溢れた!? イタリアのゴミ事情はこんな感じ(GetNavi web)

  5. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです