連載

たしなみの文化考

文化人、識者らの趣味・嗜好(しこう)を紹介しながら本業との相関や豊かな生き方を探ります。

連載一覧

たしなみの文化考

/2 井上章一・日文研教授のジャズピアノ ナイトクラブの粋に憧れ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
国際日本文化研究センターの創立30周年記念祝賀会でピアノ演奏を披露し終え、笑顔をみせる井上章一教授=京都市西京区で、小松雄介撮影
国際日本文化研究センターの創立30周年記念祝賀会でピアノ演奏を披露し終え、笑顔をみせる井上章一教授=京都市西京区で、小松雄介撮影

 <くらしナビ・カルチャー>

型に縛られず独学20年 正確さより、かっこよさ

 国際日本文化研究センター(日文研)教授の井上章一さん(62)は、ジャズピアノを弾き始め、20年を超える。ユニークなお題を立てて日本文化論を繰り広げる軽やかな「本業」と同様、ピアノの前に座ると軽妙洒脱(しゃだつ)なリズムとハーモニーを聴かせる。

 5月中旬に京都市西京区の日文研で行われた創立30周年の祝賀会。会場にはアップライトピアノが置かれていた。記念行事の実行委員長を務めた井上さんはマイクの前に立つと、こう話し始めた。

この記事は有料記事です。

残り1687文字(全文1936文字)

あわせて読みたい

注目の特集